スポンサードリンク

2012年08月11日

番外編)マレーシアごはんの会のこと。

こんにちは。
勉強会の音声の途中ですが、収録内容をかんがえて先に「番外編)マレーシアごはんの会」をお届けいたします。

8月上旬にぼく(ひゅう)が都内へあそびにいった際に収録したものです。

今回はマレーシアごはんの会のこととマレーシアについてくわしく「◯◯勉強会」でもおなじみの古川音さんに語ってもらいました。
同席した谷口さんには補足、中谷さんには進行をお手伝いしていただきました。
ぼくはなぜか緊張して、さっきまで楽しく話しをしていたはずが、流れに身をまかせていました。

というわけで音さんが主役。

プロフィールを「マレーシアごはんの会」より抜粋させていただきました。
===
古川 音 Furukawa OTO
ライター/編集 Writer/Editor
総合Webサイト All About マレーシアガイド
All About マレーシアサイトはこちら


1973年、熊本県生まれ。女性誌出版社勤務を経て、ライターとして独立。レストラン、ジュエリー、コスメ紹介の記事など女性向け雑誌を中心に取材、執筆を手がける。

2005年7月〜2009年の8月までの4年間、マレーシアの首都クアラルンプールに移住。その間、マレーシアに住む日本人向けのフリーペーパー『月刊パノーラ』『週刊ジェイスポ』、生活情報誌『ハローマレーシア』の編集担当として活動。地元の屋台料理から贅沢なホテルスパの取材、バリ島やサムイ島での取材旅行までこなす。また、在マレーシア中に『ニッポンの評判』(新潮新書)にてマレーシアの章を執筆する。

帰国後はフリーランスのライターとして活動。マレーシアの紹介記事、著名人のインタビュー、レストラン紹介などを企画案作成から、取材、執筆まで手がける。総合情報サイト「All About(オールアバウト)」のマレーシア・オフィシャルガイド。フードアナリスト2級取得。趣味は、アジア系レストランの食べ歩き、手話。神奈川県在住。

わたしにとって『ごはん』とは、
食卓を一緒に囲む家族や友人、料理を作ってくれたシェフ、レシピの開発者、食材を提供してくれた農家の方、漁師さん、猟師さん、さらには調味料を加工してくれた遠く離れた異国の人たち、これらすべての人とつながることができる『魔法』です。

 http://www.malaysiafoodnet.com/about.html より抜粋
===
posted by ヒフク at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。